海外生産に賛成か?

日本の会社が工場を海外へ移し現地生産をしています。 人件費を低く抑えたり貿易摩擦を和らげたりと 様々な要因がありますが、 この「海外生産に賛成か反対か」 討論をしました。 <賛成派> ① 黒字が増え過ぎて外国の反感を買うと困る ② 日本の会社が有名になる ③ 日本の印象がよくな…
コメント:0

続きを読むread more

戦国合戦

数週間前のことになりますが、 お楽しみ会で戦国合戦をしました。 紅白に分かれて互いに玉(運動会の玉入れで使う玉)を投げ合い、 敵の将軍に当てた方の勝ちというものです。 単純なゲームなのですが、 跳び箱でバリケードを築いたり 敵の玉を貯め込んで攻撃不能に追い込んだりするなど …
コメント:0

続きを読むread more

来週、収穫祭

子供達と一緒にコイン精米機で精米しました。 新米の詰まった米袋を3袋一輪車に乗せ、 わいわいと運びました。 精米機に触れるのが初めての子が数人いて、 興味深そうに精米機の働きを観察しました。 玄米食の私にとってコイン精米機は新鮮でした。 「また精米に行きたい…
コメント:0

続きを読むread more

大和歌の解釈

馬追虫の髭のそよろに来る秋はまなこを閉ぢて想ひ見るべし 長塚節 国語で「日本語のしらべ」を味わいました。 馬追虫はキリギリス科の昆虫です。 まず「話者(語り部)は何を見ていますか?」と問い、 見ているものを検討しました。 「馬追虫」を見ているかどうかが焦点になりました。 「まなこを…
コメント:0

続きを読むread more

失敗しなければ気付けない

算数で「速さ」の学習をしています。 ①8kmの道のりを2時間で歩くと時速4km ②時速4kmで2時間歩いた道のりは8km ③8kmの道のりを時速4kmで歩いた時間は2時間…。 このように小さな数値で示すと分かりやすいのですが、 文章題で数値が大きくなったり 小数だったりすると子供達は戸…
コメント:0

続きを読むread more

共同作業

「流れる水の働き」を調べるため、 築山にジグザグの溝を掘りました。 極小さな川の模型です。 ハンドスコップで班ごとに溝を掘りました。 ジグザグの曲線部分を本物の川のようにリアルに掘る班、 川のヘリの部分を念入りに叩いて補強する班、 あっという間に長い川をつくる班とそれぞれでした。 …
コメント:0

続きを読むread more

弁当の日

来週金曜日は「弁当の日」です。 お子さんと献立や段取りを考えたり 食材を買い出ししたりしていただきたいと 願って居ります。 市内の小学校で「弁当の日」が出来た そもそもの理由の一つに 「家族の絆を深める」 というのがあります。 家庭で同じ時間を過ごしていても…
コメント:0

続きを読むread more

目配り心配り

文化祭代休明けの水曜日朝、 体験活動のため 別室に移動しておいた机や椅子が、 私が教室へ入る前にすでに戻してありました。 その日は欠席がいたのですが、 Aさんが率先して運んでくれたようでした。 進んで行動する子供達の姿を目の当たりにすると 心が洗われる思いになります。 …
コメント:0

続きを読むread more

最近のいい話

放課後の教務室で とても嬉しくなる話を聞きました。 うちのクラスのA君の話です。 ある学年の女子Bさんの、 「Cさんに呼びかけたのに無視されていやだった!」 という話を耳にしたA君は、 それは嫌だよね〜と共感を示し 「呼びかけた時はどの位の距離だったの?この位?」 とBさん…
コメント:0

続きを読むread more

高くても国産の食品を買うか?

わが国の食料自給率は、 カロリーベースで37% 生産額ベースで66% とされています。 カロリーベースでみると、 先進国の中でも著しく自給率が低いそうです。 社会科教科書には食料自給率に関する 様々な統計資料が掲載されています。 「わが国の主な食品の自給率」…
コメント:0

続きを読むread more

わが国の食料輸入額が増えることに賛成か?

社会科教科書に 「わが国の食料輸入額の変化」の グラフが掲載されていたので、 読み取りをさせました。 年々輸入額が激増していることが ハッキリ分かりました。 次に「食料輸入額が増えて良いことは何か」を ノートに列挙してもらいました。 ①飢えな…
コメント:0

続きを読むread more

新鮮な笑顔

33日間の夏休みが終わり、 子供達が元気に登校しました。 久し振りに会う顔は新鮮です。 陸上競技と音楽練習で実は先週会いましたが、 教室でやり取りするときの笑顔と雰囲気は格別です。 マラソン大会、音楽祭、文化祭、収穫祭と 大きな行事続きの2学期。 毎日、ほ…
コメント:0

続きを読むread more

着衣泳

気温も湿度も水温も高いベストコンディションで 着衣泳を行いました。 服を着てプールに入るのは非日常的なので、 子供達はハイテンションでした。 先ず、仰向けになって浮く練習をしました。 1分以上浮けた子は5、6年生合わせて3人でした。 次に、溺れ始める状態を体感させるために、…
コメント:0

続きを読むread more

メダカの仔魚

保護者のご家庭からメダカの卵をいただきました。 卵が無数に付いている水草ごといただきました。 数日後、数え切れないほどたくさんの仔魚が 泳いでいることを子供達が発見しました。 歓声が響きました。 体長5mmに満たない仔魚はまだ透明で、 太陽や照明の光を浴びて 可愛くうっす…
コメント:0

続きを読むread more

遠洋漁業の生産量が急激に減ったのはなぜか?

社会科で「水産業」を学習しています。 沿岸漁業、沖合漁業、遠洋漁業それぞれの 生産量の推移を表すグラフを分析しました。 遠洋漁業の生産量が激減している理由を 教科書から探させました。 子供達は「200海里漁業水域」問題の記述に 目をとめました。 領土の海岸から…
コメント:0

続きを読むread more

小数のわり算

1学期の算数学習の最後を締めくくるのが「小数のわり算」です。 「わる数」と「わられる数」をそれぞれ10倍、100倍…して、 整数のわり算と同じようにするのですが、 なかなかのくせ者です。 まず、答え(商)の求め方が3通りあります。 ①わり切れるまで求める ②商は整数で求め、あま…
コメント:0

続きを読むread more

バタフライ

例年になく涼しい夏ですが、 ほぼ順調にプールで水泳学習が出来ています。 昨日は水泳が得意なグループと25m泳げないグループが 一緒に学習出来たので、 チャンスだと思ってバタフライの練習をしました。 スイミングで習っている子に模範泳法を見せてもらい、 まずは頭のてっぺんから水中に…
コメント:0

続きを読むread more

水の中の小さな生き物

理科で「メダカの成長」を学習しています。 当校には小さな池があり、 そこには年中メダカが泳いでいます。 池の水をビーカーに入れ、 理科室の顕微鏡で 水の中の小さな生き物を探しました。 アオミドロやミカヅキモなどが見付かり、 子供達は大喜び。 ワムシなどが…
コメント:0

続きを読むread more

野田将晴先生講演会

昨日、新潟市で開かれた 野田将晴先生の講演会に参加しました。 熊本の通信制高校、 勇志国際高校の校長先生です。 多くの不登校生徒が入学し、 子供達が次々と奇跡のような 成長を遂げる高校です。 超やんちゃな子、 札付きの暴れん坊、 数年間ひきこもりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠足

全校で森林公園まで歩きました。 途中までバスで行き、 往路は4km、復路は2.5kmほどの道のりを 縦割り班で歩きました。 ウオークラリー形式で 往路には10のチェックポイントがあり、 そこには問いがありました。 「今咲いている花を5つ書きなさい」 「1年生の名前を全部担当の先…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more